強い感情が出てきたときには…|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

強い感情が出てきたときには…

2017年09月26日(火)

栗原弘美です。

強い感情が出てきたときの
心理的な要因についてお話します。


頼んだ仕事をチェックしたら、ミスが見つかった、
こんなときに、仕事を頼んだ相手に対して、あなたはどんな気持ちになるのでしょうか?

. ものすごく腹が立って、むしゃくしゃしてどうしようもない。
. そんな気にならないか、落ち着いてコミュニケーションできる

1番のように大きな反応が起きるときには、あなたが相手にひどい転移を起こしているのです。
二つの反応の違いは、転移の大きさの程度を反映しています。

転移とは、今の状況に過去の状況や人を見ている、その人を見るのではなくて、
他の人を見ているということをさします。
そして、過去の状況や人に感じたことを、今の状況や人に見ています。

例えば、「お父さんが何日も家に帰ってこなかった」、
という体験を子供のころにした女性がいるとします。

帰ってくるはずの旦那さんが遅くなっても帰宅しないときに、
「あれ?どうしたのかな?」と疑問に思うだけでなく、
不安で不安で仕方がない、怖くて震えてしまったり、腹が立ったりしてしまう。

そういうことが起きてくる場合には、その女性は「お父さんが帰ってこなかった」という
昔の体験を、旦那さんに見ているのです。

もし、あなた自身に何らかの強い反応があるとき、
あなたは今の人や状況に、過去を見ているのかもしれません。
ちょっと立ち止まって、自分の心の中を振り返ってみましょう。