欲望について|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー15 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース2
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

欲望について

2017年09月22日(金)

欲望は、うばいます。欲を満たすための『取る』というエネルギーがあるので、相手から『うばう』という行為になります。

そして相手を『もの』として扱うようになります。こころが通っていない状態です。

相手を『もの』として扱うということは、当然自分のことも『もの』として扱うようになります。

これはビジョン心理学の三角形モデルでの『自立のステージ』での特徴になります。

 

 

こころ(ハート)が失われ、男性性が誇張されています。女性性が抑圧されているので、とてもさめている感じになります。

パートナーとの間でこれが起きると、SEXがうばいうばわれるものになってしまいます。そして永遠に満たされることはないでしょう。

本来SEXは人間にとっては与え受けとることができるもの。心身ともに満たされる、神様がくれた素晴らしい行為です。

 

ここで、もう一度、こころ(ハート)を取り戻していく必要があります。そして、うばいうばわれるから、与え受けとるに変化させていきます。これが相互依存の生き方です。

ハートを取り戻していくには、勇気が必要です。感じられるものは何でも感じてみようという勇気です。

 

ハートを取り戻し、感じられるようになると、全ての体験が生き生きしてきます。

そしてパートナーが『もの』ではなく、いとおしい『愛』の存在だとわかるようになります。もちろんご自分も『愛』の存在だったとわかるでしょう。

 

あなたは、パートナーをそしてご自分を『もの』として扱い続けたいですか?それとも『愛』の存在だったと知りたいですか?

選択はいつでもあなたがすることができます。

 

 栗原英彰の講座