父の願い|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 オンラインセミナー一覧 体験講座3 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー9 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース4
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング 臨床心理士によるカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介3 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ
English / 中文
schedule / 課程時間
栗原弘美ブログ

父の願い

2021年11月10日(水)

 

栗原弘美です。

 

お父様が重篤な病気を患っている方からご相談を受けました。

 

両親は自分が子供の頃からずっと仲が悪く、その方はお父様を拒否し続けるお母様を責めていました。

お父様が病気になり、もう助からないとわかったころ、親戚からお母様がお父様を受け入れられない理由を初めて聞きました。

父の味方をして母を責めていたことにとても罪悪感を感じているものの、母に謝ることができない、というご相談でした。

 

まず、対立しているふたりの間に起きていることは、第三者にはわからないことが多いのです。

夫婦関係には双方に100パーセントの責任があります。

勝手に判断して片方の肩を持たないことです。

 

そして、その方は、謝るよりも自分の罪悪感を大切にしているということに気づいていただきました。

お父様が今一番してほしいことは、お母様と仲直りすることではないか、

お母様と仲直りして、おふたりが平和に包まれることを願って、お父様は今がんばって生きていらっしゃるのではないかとお伝えしました。

その方はお母様の反応が怖くて、なかなか謝ることができないのかもしれません。

でも、お母様に謝ることができれば、それでよしとすることです。

お母様がどんな反応をされてもそれはそれでよいのです。

そして、そのことでお父様とお母様の、両方の味方になることができるのですよ、とお伝えしました。

 

今、このような時代においては、明日は何が起こるかわかりません。

自分に正直になって、今、本当に大事なことを先延ばしにしないことが大切ですね。

喧嘩や対立をそのままにして、後悔のないようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします