愛される勇気|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー15 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

愛される勇気

2017年10月24日(火)

こんにちわ、栗原弘美です。

なかなか結婚できない、という女性の中には、心の中でお父さんをお母さんから奪ってしまった、
という罪悪感のある人がいます。

小さい女の子が「私、お父さんと結婚するの」といったりすること、ありますよね?
ある時「お父さんはお母さんと結婚しているから、私はお父さんとは結婚できないんだ」とわかり、「お母さんみたいにステキな女性になって ステキなパートナーを見つけよう」となると、
自然な成長をして、パートナーと出会っていくことができます。

けれどもここで学ばないと、エディプスという大きな心理的な罠になってしまいます。

例えば、お父さんとお母さんが仲よく出かけるときに、自分は注目されていないような気がして深く傷つき、
そのことを心の中に埋め込んでしまうと、
「お父さんに選ばれなかった私は、誰にも選ばれない」という感覚が残ってしまうことがあります。
これをエディプスの敗者、と呼びます。

一方、学ぶチャンスがなかったりすると、
心の中で「お母さんからお父さんを奪っている」状態が続いてしまい、
真実のパートナーとめぐり合うことを遠ざけてしまうことがあります。
こちらはエディプスの勝者です。

お父さんとお母さんはパートナーだ、ということを認めても、あなたには何の損もないんですよ。
ただ、両親に愛される、お父さんとお母さんの愛する娘になるだけなのです。

私が使うギフトの言葉に愛される勇気というものがあります。

あなたもあなたの家族も、誰も負けたり勝ったりしていなかった。
お父さんとお母さんの両方に愛されていた。
そのことが本当にわかると「私は全てにふさわしい存在だ」ということがわかります。

愛される勇気を持ちましょう。