子どもを持つことの怖れ|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

子どもを持つことの怖れ

2015年06月09日(火)

栗原弘美です。

結婚して2年だという、ある愛妻家のご相談です。

 

奥様の今の一番の関心事は子供を作ること。

しかし、彼には経済的な理由などから

子供を作ることに怖れがあります。

 

一方、奥様は、最悪なことまで考え、もし彼が居なくても

自分一人でも子供を育てる覚悟もあるというのですが、

それを聞いた彼は、彼が居なくても、と言われたことを

寂しく感じてしまったようなのです。

 

子どもがいるとすごく良いだろうと思う反面、

変化が怖い、と話して下さいました。

 

話を聞いているうちに、私は彼が本当に怖れていることが分かってきました。

 

奥様の、自分への注目が失われることを怖れているのです。

彼女にとっての、たった一人の人でいたいのです。

 

いっぽう、子どもが欲しい女性にとっては、

自分たちの子どもを夫にも望んでほしいと思うものなのです。

私を愛してくれているのなら、二人の子どもを持ちたいはず、と。

 

ですから今こそ、特別でありたいというニーズを卒業する時です。

特別な愛から、夫婦共通のビジョンをみていく時。

二人きりよりも、もっともっと素晴らしい

二人の共同のものを創りだすときが来たのです。

 

奥様は、彼を心から愛しているからこそ、彼との子どもを望まれているのです。

愛されていることに自信を持ってよいのです。

 

今よりも、もっと親密な関係を築く機会が二人を待っています。

 

こうやって、本当に怖れていることに光が当たったということは

それを解決する時なのです。

パートナーシップが大きく前進する時です。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします