どうでもよい話が大切なわけ|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

どうでもよい話が大切なわけ

2017年09月11日(月)
恋人同士は、どんな話をしているのでしょう。
よく聞いてみると、実はどうでも良いような話をしているのです。 
{CC3CFF84-0DF0-4DC7-AA74-FCC29B52F82A:01}

星が綺麗だねとか、このアイスおいしいね、だとか。
でもこのどうでも良いような話が、実は2人を近づけ、
2人が繋がっていく大いに役にたつのです。
 
私は結婚した人には、特に、この自分のことを話す、分かち合いを勧めています。
意識的に分かち合いの時間を持つのです。
 
分かち合わないと、お互いのことはわかりません。
わからないが、やがて、お互いの距離になり、
果ては、話すことが何もない、という危機的な状態になっていきます。
 
私たちは、子どものころは、みんな分かち合いの達人でした。
毎日が新鮮で、こんなことがあった、あんなことがあったということを話せていたものです。
 
そう、分かち合いは全く自然なことでした、
親が聞かなくなるその時点までは。
 
さあ、もう一度、分かち合いの達人を目指しましょう。
パートナーと、どうでも良いことを話しましょう。
あなたにとって、分かち合いは、本当はナチュラルなことだった、
そのことを思い出していくことでしょう。