ビジョン心理学17の原則|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

ビジョン心理学17の原則

2018年02月28日(水)

もっとよいやり方がある:問題や葛藤があるところではどこでも、もっとよいやり方があるはずです。最も困難と思われる状況であっても、常に全員が勝てる解決法があります。愛、つながること、許し、コミュニケーション、協力、そして選択が私たちを導いてくれます。

世界は私たちの鏡である:他の人たちに対してしていることは、どれもまず自分自身に対して行ったことです。自分分自身に、そしてあるレベルでは他の人たちに対して行っていないことを、だれかが私たちにするということはありえません。私たちは自分の現実を作り、自分の物語を書いています。他の人たちとの葛藤は私たちの内面にある葛藤を反映しています。ですから内面の課題を解消することによって、自動的に世界の問題を解消することができるのです。

私たちに起こることはなんでも私たちの目的にかなっている:たいていの場合、痛みを伴う出来事が起きると、私たちはそうした出来事の目的に気づかないという選択をしてしまいます。自分のした選択に自己買任の立場を選び、出来事の目的に気づくと、非難や罪悪感を解放することができます。非難や罪悪感は問題や自滅的なパターンをそっくりそのまま残すだけですが、ここで、まちがった選択をしてしまった、けれど今新しい選択をすることができると認識することで、自分に力を与えることができます。どんな問題の裏にも非難や罪悪感がありますが、これらを積極的に手放すと決めると、アカウンタビリティのおかげで、私たちは世界のいやなことを変えることができるのです。

選択のバワー:人生で私たちが向かう方向は私たちのする継続的な選択の結果です。自分の持っている観念を変えると、見方が変わり、パターンが変化します。私たちが何を見、何を体験するかの責任は私たちにあります。そして、どんな時にも選択をし直すことができるのです。

癒しと成長に最も必要なレッスンを学ぶため、常に完璧な場所にいる:私たちの人生は、癒し、学ぶべきことが最も適切なタイミングで与えられながら展開しています。すべての出来事がつながっており、“偶然”はありません。それを見ることのできる目を持ち、何が起きているのかがわかるマインドを持っていれば、最も小さな出来事でさえ大宇宙が映し出されているのだとわかるでしょう。私たちは最も必要なレッスンを学ぶのに完璧な場所にいるのです。最もつらい体験であっても、それがいったん癒されれば、慈愛、知恵、パワーがもたらされ、同じような状況にはまってしまった他の人たちを癒す手助けができるのです。

人間関係が変容を作り出す手段:人間関係に何を与えるかによって、地球上に地獄を築くのか、天国を築くのかが決まります。他の人たちに与えているものを、私たちは彼らに与えられています。ですから他の人たちにどのぐらい与えているかは、彼らがどのぐらい私たちに与えてくれているかでわかります。他の人たちと絆を結び、人間関係を癒すことが成長を加速する道です。自分と他の人たちとの間の距離を癒すと、自分の問題を癒すパワーが出るだけでなく、まわりの人たちの問題を癒すパワーにもなります。

真実の成功を収めるには、全員の利益にかなっていなければならない:「自らの最善の利益と他の人の最普の利益は常に同じである」と認識するにつれ、私たちは前に進むことができます。だれかが“悪者”になると、いずれは全員が負けることになります。皆が勝つまでコミュニケーションを維持することが必要不可欠です。相互扶助と対等さなしに、豊かさはありえません。競争という葛藤があるだけです。

リーダーシップとは、まわりの助けを求める声に応えることを何よりも大切にする:自意識、恥、自己攻撃といった問題はすべてまわりの助けを求める声に気づかせないためにあります。助けを求める声に応答すると、こうした自己攻撃的なパーソナリティがパチンとはじけ、関係しているすべての人に流れを作り出します。問題はすべて、少なくともその一部は“だれが私の助けを必要としているのだろう”と問いかけ、その声に応えることで、癒されうるのです。他の人を助けると、自分が助かるだけでなく、私たちの心がオープンになって、助けが必要な時にそれを受け取らせてくれます。

現在の問題は過去の痛みが姿を変えたもの:前みはまちがいが起きているという印です。というのも痛みはすべて誤解から生まれるからです。問題が解消されるに従って、過去と現在への誤解が解け、理解がもたらされます。結果的に、私たちの歴史は、未来と同じように、よりよい状態に向かって変化します。幸せな子ども時代を持つのに遅すぎることはありません。

目的を生きることが充実感へのカギ:私たちの人生の目的は幸せであり、幸せでない時は癒しです。また世界を救い、魂レベルで約束してきたユニークな貢献をすることも目的のひとつです。自らの天命を受け止めることが、私たちが世界に与えることのできる最高の贈り物となります。

痛みや苦しみは愛によって洗い流せる:痛みや苦しみは、二人以上の人たちが互いに共感を持ってつながることにより、溶けてなくなります。私的な障壁を超越することによって、私たちは他の人とひとつになることができ、痛みがもはや存在しない、より高い意識状態を体験することができるのです。

人間関係は人生を築いていく基本的要素:人間関係の道は愛とつながりの道であり、最も早い進化の道です。究極的には、どんな問題も分離と批判に起因する人間関係の問題です。ですから、人間関係においては愛と新しいレベルの絆、そして許しによって癒されない問題は何ひとつありません。

私たちは一体感に戻っていくスピリットであると気づくため、進化の道にいる:これを目指す最も簡単な道は、恩恵とミラクルを受け取ることです。私たちが受け取りさえすれば、天は祝福を与え、道すがらずっと援助してくれます。

癒しは私たちにすべてを与えてくれる:状況や問題がどんなものであれ、また私たちがどのように物事を見ようとも、答えはいつも癒しと許しにあります。癒しと許しは、私たちの生まれてきた目的であり、私たちに幸せをもたらし、私たちを故郷へと導いてくれるものです。

私たちのギフトが問題の答え:どんな問題もギフトを隠しています。問題がどんなに大きいとしても、それを変容させる最も簡単な方法のひとつが、問題の陰に隠れているギフトに気づくことです。ギフトを受け止め、分かち合うと、エゴが少なくなり、恩恵に対し心が開くようになります。

私たちのマインドには世界を変えるパワーがある:恨みつらみや攻撃の想念をあきらめると、世界は変わり、問題が変容します。私たちのマインドには、どんな問題にも対応できる答えが備わっているのです。マインドとギフトの大部分は失われているのですが、すべて回復が可能であり、まずは欠けたところのない全き存在へ、そして神聖さへと向かうのです。私たちのマインドは、神のマインドの延長です。それは神のマインドのうちに存在しています。

私たちはふたつのマインドを持っている:私たちには天、スピリット、神につながっているハイヤー・マインドがあり、そしてエゴがあります。エゴは特別さ、怖れ、罪悪感、批判、競争、被害者、権威との葛藤の原則を体現しています。どんな問題も、エゴそれ自体を維持、強化するというエゴの企みです。