経営とコミュニケーション|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 オンラインセミナー一覧 体験講座3 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー9 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース4
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング 臨床心理士によるカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介3 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ
English / 中文
schedule / 課程時間

経営とコミュニケーション

2014年02月24日(月)

仕事のことで、経営者の方から相談を受けることがあります。

ある経営者の方は、スタッフに無断欠勤されてから、要となるそのスタッフを100%信頼できない、と悩まれていました。
コミュニケーションはとっているのですが、スタッフに気を使ってしまい、表面的なコミュニケーションとなっているそうです。

その方にはパートナーがいます。 普段スタッフに気をつけている分、パートナーに感情をぶつけてしまっているようです。
感情のコントロールが出来ず、直接の相手や状況にではなく、他の所で感情をぶちまけているのです。
感情のやつあたりというパターンですね。

そのようにパートナーに当たってしまう自分が嫌になり、スタッフには気を使って、はっきり物が言えなくなってしまうという悪循環が続くのです。
以前、感情をひとにぶつけることで、うまくいった時があったのでしょう。
しかし、いつもそんな形で相手からニーズを満たしてもらおうとしていると、自分に自信が持てなくなってしまいます。

まずは、パートナーに対する未熟な態度をやめましょう。
感情的に成熟すると、パートナーを育むのが上手になります。

会社では、スタッフに所有意識を持ってもらいましょう。
スタッフは、会社を何%所有しているでしょうか?

あなたが経営者でしたら、従業員を思い浮かべて、それぞれ何%会社を所有しているのか、考えてみましょう。
あなたが従業員でしたら、あなたは会社をどのくらい所有していますか?

経営者の方、スタッフが育っていかないとしたら、あなたの中にスタッフとの競争があります。
自分を正直に見てみると、自分が一番で、スタッフが自分より輝くと困る、という部分はありませんか?

これは、「かけがえのない存在」でいたい、という隠れたニーズです。
必要とされたい、特別でいたい、勝ちたい、存在を証明したい 等。
これがあると、会社が楽に成長するのを阻むだけでなく、人が育っていかないのです。
経営者にこのニーズがある方は多いようです。

パートナーに文句を言っているときには、真のコミュニケーションをさぼっています。
大事なことは、コミュニケーションの成功を意図するかどうか、です。

コミュニケーションをする前に、成功を意図すること。
成功とは、最後に二人が良かったと感じること、二人が勝つことです。
パートナーとのコミュニケーションも、スタッフとのコミュニケーションも、まずは成功を意図してから始めましょう。

そして、いつでもパートナーがプライオリティです。
パートナーとあなたがひとつなら、スタッフとの関わりは簡単ですよ。

04516_HD

 

 

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします