正さから信頼へ|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

正さから信頼へ

2017年07月04日(火)

あなたの職場でこんなことが起こったらどうしますか?

こんにちは。ビジョン心理学マスタートレーナー栗原英彰です。

 

ベテランの課長Aさんがいます。そこに、新しい優秀な部長Bさんが配属されました。

Bさんは他で成功した方法で「これじゃ良くない」と変えようとする。

Aさんは「いや、今までこれで何の問題もなかったんだから」と。

職場の中では、Aさんの方がいいとか、いやBさんの方だ、というふうに分裂が進んできています。

企業でよくあるケースではないでしょうか。

 

これは、ビジョン心理学の成長の三角形モデルにある『パワーストラグル』の段階で起きることです。

これは、前に進むことへの怖れが原因としてあります。

AさんもBさんも表面的には「自分が正しい」と主張していますが、

AさんもBさんも、実は自信がない、ということです。

この場合「AさんとBさん、どっちが正しいか?」というのはうまくいきません。

より一層、対立に目を奪われてしまうからです。

 

パワーストラグルを超える抜け道は「信頼」です。

自分の方から相手を信頼すること、ビジョンや目標の実現を信じること、

コミュニケーションをとり、分かち合うこと、チーム本来の目的を明確にすることなどが大事です。

 

対立に意識を奪われるのではなく『信頼』に意識を向けていきましょう。

すると、お互いが、チームが、職場全体が成功の方へと進んでいきます。

ビジョン心理学の三角形には、全ての答えが記されています。どんな問題にも必ず抜け道があります。

 

栗原英彰のセミナー

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします