感じることとは|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 オンラインセミナー一覧 体験講座3 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース4
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング 臨床心理士によるカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ
English / 中文
schedule / 課程時間

感じることとは

2021年05月25日(火)

「感じる」についてお話します。

あなたは人の気持ちを感じることができますか?もし人の気持ちをあまり感じられないのでしたら、共感能力低いのかもしれません。

これはとても残念なことです。なぜなら共感能力が低いと、家族やパートナーなど、大切にしている存在が出しているサインに気づかない、ということになってしまうからです。

男性でよくあるのは、奥さんにはお給料渡してるし、浮気もしてないんだから関係が壊れるなんて夢にも思っていない!というパターンです。
職場でも同じことが言えます。突然辞めると言い出す部下がいたりしなかったでしょうか。
見えることだけではわからないことがあるのです。

私は30代のころ、感情を殺して仕事をしていました。そして奥さんが出していたサインに全く気づかずに離婚、さらに体調も崩しました。「感じる」ということが完全に壊れていたのです。
そんな時、セミナーを受講。受講後に池袋の路上で突然、涙が溢れてきて自分でもびっくりしたという経験をしました。どれだけ感じないようにしていたのかを思い知った経験でした。

この経験により、私は「感じる」ことの大切さを知りました。そして「感じる」ことが、人生を豊かにしてくれることがわかったのです。

その後、ビジョン心理学のヒーリングメソッドであるジョイニングセッションにより、「感じる」能力を上げていきました。

8年前に母を、7年前に父を亡くしましたが、ふたりとも亡くなる直前に、目だけで繋がることができました。そう、ジョイニングをしたのです。そして言葉を交わさずとも、目を通して、天に逝こうとしている瞬間をはっきりと感じることができました。そこには死への怖れではなく愛がありました。死を愛として受け取ることができたのです。

「感じる」ことは、怖れることではない、愛を受けとることだということを、ぜひあなたにも体験していただきたいと願っています。
パートナーを感じてください。お子さんを感じてください。世界を感じてください。そこには本当は怖れではなく愛があることがわかります。

ビジョン心理学マスタートレーナー 栗原英彰

栗原英彰のセミナー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします