2018.8/11~18インターナショナルトレーニング「Relationship in Joy〜喜びに溢れた関係」|人間関係、男女関係、夫婦関係を学ぶ心理学講座【VDI】

メニュー
ホーム 初めての方へ 体験談 よくあるご質問 セミナー一覧 体験講座4 ビジョン心理学で人間関係を学ぶ基礎理論3 ヒーリングセミナー10 ビジョンの法則を学ぶ講座2 養成コース3
カウンセリング
心理カウンセリングとは エグゼクティブカウンセリング POVトレーナーカウンセリング VDIスタッフカウンセリング カウンセリングプラン一覧
プロダクト
書籍 CD・DVD 通信販売 音声ダウンロード
ビジョン・貢献活動について
ビジョン・貢献活動 こころのビタミン研究所
VDIについて
ビジョンダイナミックス研究所とは ビジョン心理学とは ビジョン心理学トレーナーとは ビジョンダイナミックスとは トレーナー紹介4 スタッフ紹介3
インフォメーション
ニュースレター 年間メッセージ 会社概要・アクセス 企業様へ

ビジョンダイナミックス研究所 セミナー体験談

2018.8/11~18インターナショナルトレーニング「Relationship in Joy〜喜びに溢れた関係」

老後の生きがいを見つけたいと思いました。
セミナー後半で涙が沢山出てきました。心がオープンになって来ました。
これから楽しいことをどんどんして行きたいと思いました。
人を怒らせてしまう。攻撃を受けてしまうのは、自分の防衛(有能さなどの男性性の資質)に原因があるのかと思い悩んでいました。
自分が被害者であることを否認して、社会的強者として生きようといて来たために、弱さへの共感力が使えませんでした。女性性を有効に使えなかった自分のパワーを取り戻し、人とより深く繋がる事ができる様になりました。

■妻とのパートナーシップ、距離感、遠慮、ケンカ、競争に悩んでいました。最高のバディ、グループに恵まれ沢山の気づきや愛を頂きました。妻とのパートナーシップでの被害者、加害者の関係に気づき、沢山の感情をフォーカスパーソンに重ねることが出来ました。自分自身が新しく生まれ変わる事が出来たような思いです。

与えてばかりで、受け取ってない。与えたくないと思っていましたが、自分がただ受け取っていなかっただけだと気づけました。受け取り始めたら今度は与えずにいられない。与えると同時に受け取るの意味がやっとわかりました。
今までどこにいても安心できる感覚を持てなかったが、リラックスしてジョイニングが出来、ここにいてもいいという許可を自分に出せるようになりました。
自分らしく生きることをテーマに参加しました。
自分を許すという事で癒されました。グループの皆さんに沢山サポートして頂き、誰かの助けをいただけることは本当にありがたいことだと気づきました。
夫婦生活に甘さがなくなってしまった事に悩んでいました。
セミナーに参加して私が私らしくいるのが一番うまくいくのだなと思いました。
また私は幸せになってはいけないと根強く残っていました。ジョイニングをする度にそれが抜けていくのが分かりました。とてもとても深かったです。
人と親密になる事や、成功、豊かさを喜ぶ事。受け取る事ができず、楽しさを感じられずにいました。
セミナーに参加し、次の成功を受け取り、喜ぶのに自分を許す事が必要という事、自分が一番自分を受け入れていなかったということに気づきました。自分、周りの人に罪はないことに気づき、受け入れて行きたいです。
主人とのリレーションシップ、半別居をどうするか。会社で合わない女性をどうこれから付き合っていくか。
子供の頃の両親を見て受けた心の傷、怯えが8日間毎日少しづつ癒されました。
「愛の実践」していくと、自分が癒される事がわかりました。幸せが増えていくことの喜びをもっと感じられる様になりたいと思いました。
晴れ晴れとした気持ちをすべての人間関係に反映したい。かつてのパワーを取り戻したいと思いました。
フォーカスパーソンの一つ一つが自分の反映となり、様々な学びと気づきを頂きました。心と身体の軽さとともに活力も自然と溢れてきた様に思います。
自分の中に「人権侵害」や「人種差別」に対する怒りがありました。その怒りが子供時代のいじめや嫉妬を引きつけた事がわかりました。インターナショナルで多くの海外の方とワークを体験して「差別」についての怒りが癒されました。
女性性のリーダーシップって何のことかもっと知りたいと思い参加しました。
男性に対しての恐怖心の理由がわかりました。セックスの意欲が少ない事にも関係していました。
そこが癒されたので、今のパートナーとのセクシャリティに関してももっと親密感をもってのぞめそうです。あと自分の人生のビジョンが開かれていく予感がしています。

2016.8 インターナショナルトレーニング「Awakening of heart ~ハートの目覚め」

★パートナーシップについて悩みがありました。このセミナーに参加して、今までパートナーに理想を貼り付けていて、その理想像と違うところに怒ったり不満だったり、全く本当のパートナーを見ていなかったことに気付きました。ファンタジーを見ていたんだなと。本当の彼を見ることができ、16年間の結婚生活で初めて彼がどんな魅力を持っているのかに気付きました。本当のパートナーシップを一から始めようと思いました。

★母との癒着を癒し、女性性を取り戻したいと思い参加しました。ジョイニングが苦手でしたが、日を追うごとに心が開いていく感じでした。ハートを感じること、愛を受け取ることができ、女性性のパワーを取り戻せたことが感無量でした。ありがとうございました。

★権威との葛藤が終っていないのに相談できずにいました。フォーカスパーソンになり、自分を止めているものを癒すことができました。困っている自分を置き去りにして、かえって問題が扱いにくくなってしまうパターンに気付きました。自分を守っているつもりで、全然そうではない。自己愛はそうした自分をまるごと認めて受け入れ、人の助けを借りて超えていくこと、信頼して繋がることも含むなぁと思いました。権威との葛藤があると、肝心な時に、それができずに自立してしまう。そして自分の内なる声を無視したり阻害してきたんだなと気づきました。セミナー後半ですごく「ひとりぼっちだ」という孤独感が出てきてジョイニングで扱いましたが、自分を一人ぼっちにしていたのは自分でした。セクシュアリティのことは「エネルギーが大事」という点を大切にしていきたいと思います。シャイを越えて繋がっていこうと思います。

★仕事での圧倒的な成果、人とのコミュニケーション能力向上を目的に参加しました。自分が感情を切り離して生活し、何より愛を感じていないことに気付きました。妻に対しても愛がなかったと気づきました。愛を知って、既に妻は僕を愛してくれていたけど、それを感じていなかった。それなのに愛してほしいというニーズがたくさんあった。妻が何をしたいのか、何が欲しいのか、そこからコミュニケーションをやっていきたいと思います。仕事も役割としてやっていることに気付き、仕事とは愛を与えていくことだと初めて知りました。仕事も「愛を与えよう」という気持ちで毎日取り組んでいきます。

★パートナーとの間に愛をもつことで見方考え方が変わるという事に気付きました。エゴとの契約は、それが神の意志かそうではないかで、軽やかに気づきをえて、解除していくことがわかりました。

人生観が 大きく変わりました。私は 愛そのものなんだ、そして仲間がたくさんいる。何も難しいことを考えなくてもたくさん感謝が溢れて 幸せだなと感じました。インターで私は 無条件に許し受け入れる愛の存在ということが分かったこと。私は たくさんの方たちに愛されていたんだということ。帰ってから 母が私をはじめて優しい声で褒めてくれたこと。離婚を考えていた姉が旦那さんともう一度コミットして手を繋いでデートしたと聞けたこと。 相手を許して自分を許せた経験ができ、赦す経験がこんなに愛で溢れるなんて幸せな経験ができました。

★結婚して、お互いの価値観をすり合わせることが大変で喧嘩が絶えなかったので、もう少し楽しい生活が出来ると良いなあと思い参加しました。セミナーに参加して、パートナーに対して「なんで、〜〜してくれないの」とか「人の話しを聞いてない」など文句や批判が出てきた時に、自分の感じたことを気楽に素直に伝えることができるようになりました。パートナーもこちらの話に耳を傾けてくれることが増えたように思います。

 

 

★毎年参加しています。8日間と言う期間は、正直長いなと思うこともあるのですが、それだけ時間をとって自分の内面を見つめなおすことで、残りの一年に驚くほどの成果と違いを作りだせていると実感しているので、毎年、この期間が欠かせなくなっています。今年のインターナショナルセミナーで、扱いたかったのは、「欠乏感」でした。実際に、何かを「達成している・いない」「持っている・いない」に関わらず、自分の中には、いつも「欠乏感」があり、「サバイバル(何かを得なければという焦燥感)」に陥ることが度々ありました。本などを読むと、その様な意識から解放され、物事をクリエイティブで、ワクワクするような、幸せな意識から行動し、生きていらっしゃる方もいる。自分も、「欠乏感」から解放され、「幸せ」な意識で「創造的」に生きて行きたいと思いました。セミナーの中では、「ハイコンシャス」と言う、「幸せ」「不幸せ」と言う二元性を超えた、「幸せ。」(この「。」は、幸せのみと言う事を表しています)と、言う新しい意識を教わり、8日間かけて、じっくり「体験」していきました。その中で、自分は、今の自分の置かれている状況に、これと言った「問題」は、無いけれど、「より良い状況」や「より幸せと感じるものを思い描く」ことには、抵抗を感じていること。リスクや不測の事態が起きた時に「備える」事を無意識にしていること。その結果、「怖れ」に投資する癖があることに気が付きました。また、そのことで、「自分(だけ)は幸せには値しない」と、言う、一種、ネガティブな特別意識があることに気が付きました。自分に今、必要な事は、「現状維持」や「怖れに備える」ことではなく、「幸せな意識」に投資していくこと。「幸せ」とは、誰にとっても、平等に与えられている、権利の様なものなのだから、それを「自分にもあげよう」と思いました。 不思議なことに、「自分は、何か足りない」とか「お金がない!」とか言う、「欠乏感」や「不十分感」をほとんど感じなくなりました。その結果、人と比較する気持ちも減り、自分にとって「必要なもの」と「必要でないもの」が自然と認識できるようになりました。 また、自分の情熱(自分が、特に幸せに感じる状態)が、何処にあるのか、より意識する様になりました。私の場合、「感謝」を感じて、それを伝える時、すごく「愛」や「わくわく」を感じることに気が付きました。 色んな方に、感謝を伝えていたら、「絶対、この人から感謝されることはないだろう」と思っていた方から、感謝される。と言う体験をしました。 トレーナーのお二人はあまりにも、意識のレベルが高く(より愛を持って、世界を見ているという意味です)しかも、何時もお会いするたびに、更に高い意識に到達されていることに、驚きと尊敬を隠せませんでした。 また、人は、普通、それぞれコミュニケーションのスタイルを持っていて、ついつい、話の内容を判断したり、反応してしまうものです。お二人の公開カウンセリングは、受講生の語る話の中にある、「本当に言いたいこと」や「本当の問題」に焦点を当てて、時に優しく、時に鋭い質問を投げかけながら、一人一人の問題や課題に一緒に取り組まれます。そんなお二人のお姿を見て、「慈愛を持つ」「話を聞く」「確信を付く」「腹を割って話す」とは、本当はこう言う事か!と、人としても、目指したいお二人だな。と、毎年のことながら、思いました。